落ち着くために

ちょっと日記を書く気になれなかったのですが、
気持ちを落ち着かせるつもりで書こうと思いPCの電源をポチ。。。

こちらのブログで、たまに鈴&快の怪我や病気のことを書いてきましたが、
基本は楽しい日常を書こうと思っていました。

でも今はとても楽しい気分になれない。。。

素直にお休みしてもいいんですよね。



でもこのブログはある意味私の育児日記のようなもので、
たまにいつの話だったかと自分のブログでチェックをしたりする場で・・・(笑)

なので忘れないように書こうと思いました。

それに書いていると気分も落ち着いていくかな?と期待をこめて・・・。







土曜日に以前から気にしていた鈴の鼠経ヘルニアのセカンドオピニオンに行って来ました。

元トリマーの友人が以前愛犬ちゃんを通わせていた病院で、
勤め先のペットショップとお付き合いのある病院。

ここの病院に行ってみようと思ったのは、自宅からわりと近いことと、
院長先生がチワワを飼っているから。

完全予約制で金曜日に電話で院長先生の居る一番早い日を予約。
土曜日の9:00からの診察になり、苦手な車でブ~ン

120601

実は金曜日にヒートが来てしまった鈴。。。
そのせいで機嫌が悪いのか、助手席で座ってられず、
泣いて泣いて姉ちゃんの膝の上・・・

120602

姉ちゃんはちびっ子なので椅子を結構前に出さないと足が・・・
デカチワワの鈴さん、ギリギリスペースに収まってますが、
動かれるとハンドルが・・・と言うドキドキの中で走ること20分

電話予約の時に受診したい内容を伝えてあったので、
すぐに診ていただけました。

結局、診察の結果は『鼠経ヘルニアあり』とのこと。

左脚にダイズ大の大きさで、出ているものは脂肪だそうです。

まずはヘルニアについてのみ考えると、
普通に日常生活をする上では特に問題は無いので、そのままでも大丈夫そうだとの事。
幸い出ているのも脂肪なのでよくある事と言われました。

次にヘルニアで出産を考えるにあたって、
生ませたいのであれば、お産のときにイキミでヘルニアが広がり胎児が詰まったり
腸が出てくると大変なので、手術でヘルニアを小さくしてからにした方が良いとの事。

ただ、鼠経ヘルニアは遺伝的要素があるので、
普通ヘルニアのある仔は繁殖に使わないと言われました。
(なんだかブリーダー向けの言い方ですが:汗)
そう言うのを守らない悪質なブリーダーが多いので、
鈴の様にヘルニアがある仔がここに居るんだけどね。・・・と。
(本当にブリーダーに言っているみたいに感じました:被害妄想??)

鈴は両親&兄弟に鼠経ヘルニアはなく、突然変異なのか隔世遺伝なのかは分かりませんが、
チワワのスタンダードを守る上では繁殖させてはいけないということなのかな~と、
混乱する頭の中でなんとなく思いました。

でもおかしなことに・・・
鈴は体が大きいので自然分娩で生めるのでヘルニアが問題になるが、
ちまたのチワワはみんな小さいから初めから帝王切開で生ませるつもりなため、
ヘルニアがあっても問題視しないんだよね~と。。。

それって何??
さっき鈴はヘルニアだから繁殖に不向きと言ったのは誰ですか

たぶん、素人が『可愛いから、欲しいから』と言う理由で
簡単に繁殖させて欲しくないんだろうと思います。
引き取り手が無かった場合の事もあるでしょうしね。

姉ちゃんは引き取り手が無くても、
全部自分で育てる決心が出来たので生ませようと思ったのですが、
素人が簡単に手を付けて良い分野ではないのかな・・・


結局、今ヒートが来ているので、
今回ヘルニアの手術をして交配させても、
出産までにヘルニアがくっ付かなかったら出産時にまた大きくなってしまうので、
交配に関して、次回のヒートまでに考えるという事で帰ってきました。。。

120603

とりあえず、とりあえずは落ち着いて、
今回は絶対に繁殖は出来ないと言うのは確実なので、
ストレスのないヒートを過ごさせないとと思います。

120604

お留守番だった快は寂しくてベッタリ・・・。
鈴がヒート中ですが、快はいつも通りの様子で、発情はまだ見られません。

まだ出血中だからかな・・・?

もともとの相性の問題もあるかもしれませんが、
それについては今回のヒートの経過を見て。。。


生ませたいならヘルニアを治療してから。
ヘルニアは遺伝するかも。


ヘルニアを治療する事は鈴にはいい事だと思いますが、
そこまでして子供を生ませるのは飼い主のエゴかなと思ったり。

今考えても堂々巡りで悪い事しか考えられそうに無いので、
ヒート中はゆっくり頭の中を整理しようと思います。

・・・と今これを書きながら祖母の夜中の徘徊を阻止・・・
なんだかバタバタで参っちゃいます



今日は長々と書きましたが
読んでくださってありがとうございました
スポンサーサイト

Leave a comment

Private :

Comments

ヘルニアの子が生まれても、大抵は日常生活に問題ないし、100%遺伝するってわけでもないのだからなぁって思います。
でもこんな事を言ったら、獣医やまともなブリーダーからは批判されますよね。
健康体を認めてもらうためにショーに出してタイトルを取らせているのだからって言われたし・・・。

鈴ちゃんにとって、何が怖いってやはり出産のいきみで腸が出てきちゃうことですよね。
だから、帝王切開になってもいいように準備をしてもらったらどうなんだろう?
うちは、自然で試みて、ダメならすぐに帝王切開をしてもらうように手配してもらってますよ。
人間は開腹手術をすると癒着などの問題が生じるけど、犬はどうなんでしょうね?
さすがにワンコについてはわかりません・・・。
Posted at 2009.12.07 (23:35) by roni (URL) | [編集]
roniさん
相談に乗ってもらい、愚痴も聞いてもらってありがとうございましたm(_ _)m
おかげで凄く気分が晴れました!!

いつもの獣医さんがいきなりヘルニアを告げてきて俄然不信感になってしまい違う病院に行きましたが、いつもの先生のヘルニアでの出産に対しての意見はまだ聞いてないので、まずはそこからかな・・・と。
帝王切開になると、きちんとした交配日が分からないといけないみたいなんで、
鈴と快では一緒に飼っているので少し難しいかなって感じです。。。
自然交配だといつの間にかってのがあるから。
でも今の所お互いの求愛がないので交配するにしても人工受精になったり・・・。
そしたら帝王切開でも大丈夫ですが、とりあえずは生ませるならヘルニアを治療しないとかなって。
知り合いのプードルのブリーダーさんの話によるとワンコの帝王切開は2回までらしいですよ!人間と同じみたいですね。
でも緊急で帝王切開になったならまだしも、初めから帝王切開と決めて、その後避妊手術で2度もお腹を開けるのが可哀想で、できれば自然が良いなって(><)

今回は落ち着いて判断しないといけないと思うのでとりあえず見送り。
ヒート後に体勢を整えて生きます!
やっぱり欲しいなって思う気持ちが強いので、色んな獣医さんの意見を聞いてみたいと思います!

色々、本当にありがとうございました(^^)
これからもよろしくお願いします★☆
Posted at 2009.12.08 (00:05) by hirolynn (URL) | [編集]
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
09 11
プロフィール

hirolynn

Author:hirolynn
鈴(りん)2007年7月15日生まれ
快(かい)2008年9月28日生まれ
5Baby's 2011年6月16日生まれ
姉ちゃん 19XX年7月29日生まれ

所在地:千葉県

☆お誕生日まで☆
最新記事
お友達のBLOG
コメントありがとうございます♪
月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

☆Lynn & Kai Item☆
リンク→
放置うんち撲滅プロジェクト
放置うんち撲滅プロジェクト
に参加しています!
RSSリンクの表示
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
FC2カウンター
オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
検索フォーム